So-net無料ブログ作成
フレンチ ブログトップ

レストラン イリエ ル ジョワイユー@表参道(2014.11) [フレンチ]

2014年の誕生日ランチはフレンチ。

アミューズ・ブーシュ
DPP_4648.JPG
大地に見立てた皿の上にじゃがいもに見立てたモノ。
皿の上のものも食べれるのかと思ったら、食べれるのはじゃがいももどきだけだった。
インパクトある見た目だけど、紛らわしい。食べれないものは皿に置かないでほしいと思うのは私だけ?

中身はこんな感じ
DPP_4649.JPG
まわりの生地はもちもち。

冷前菜:
蕪と帆立のカルパッチョ仕立て ミモレット添え 燻製ビネグレットの旨みを添えて
DPP_4650.JPG
帆立、蕪のミルフィーユの上にミモレットチーズがこんもり。大変さっぱり。

スープ:黒米の温製ヴルーテ 浅利と牛蒡のタンドリー風味
DPP_4651.JPG
おかゆ・・・?これは評価分かれるところ。友人は苦手らしい。マクロビと考えれば全然OK。おいしい。マクロビと思わなければ失敗な1皿と感じてしまう。味薄いし。

メインディッシュ:鮮魚のガレット仕立て 岩海苔と春菊添え
DPP_4653.JPG
白身魚がガレットで巻いてある。なかなか無い感じ。でもやっぱり魚。あっさり。

友人のメイン:フォールの効いた牛バラ肉のブレゼ 柚子クリームソース
DPP_4652.JPG
上の焼きナスみたいのが牛バラ肉。魚よりこっちがおいしかった。

デザート:紅玉林檎のオーブン焼き マダガスカル産バニラアイスクリーム
DPP_4655.JPG
こんな風に包んだ状態で運ばれてくる。

中身はこう
DPP_4656.JPG
包みを開けた時の香りを楽しんでもらいたいから、ということらしい。
けど、この器と包みが仇となった。(?)
まだだいぶ残ってるのに、いきなり下げられたのだ!
よろしいですか?の声かけもなく皿も持ち上げられ、こっちはりんごいっぱい入ってるからまさか下げるわけじゃないよね?と何か他に理由があるのかと思ったら、そのままもっていきやがった。唖然。高級レストランと呼ばれるところでこんなミスサーヴ初めてだ!器に高さがあったから見えなかったの?

この後お店はこの後すぐクローズとなった。料理が残ってるのに何も言わずに皿をさげたことが訴訟となって、ではないもちろん。シェフは1年ほどクローズして他の場所に再出店するっていっていたけど。

残念な出来事があるとそればかりが印象に残ってしまうよね。この店ではりんごをさげられたことしか気憶に残らないだろう。

ランファン・キ・レーヴ@札幌(2014.10) [フレンチ]

2014年一番気憶に残ったおいしいものは札幌のフレンチ、ランファン・キ・レーヴに決定。
モエレ沼公園のガラスのピラミッドにあるお店。ランチで伺った。

濃厚冷製コーンスープ
DPP_4087.JPG
お菓子みたいに甘いコーンのアイスみたいなスープ。ちょびっと。足りない。もっと。

アンチョビとかぶのサンドイッチ
DPP_4088.JPG
こんどはさっぱりでもしっかりしたお味。写真は3人分。

グリーンサラダ
DPP_4089.JPG
これまた小さいサイズ。ドレッシングがピーナッツ味。濃厚で絶品。

お米のプレートの上に一口サイズのご飯と貝がのっているもの
DPP_4091.JPG
お米のウンチクについてなんかあったような気もするけど忘れた。

牛肉煮込み
DPP_4092.JPG
4歳児同伴OKであったけど、子供も何かしら頼まないといけないということでこのメインの牛肉を。お肉が柔らかいのはもちろん味付けが優しくておいしいの。珍しくじゃがいもも完食。

ハーブのシャーベット状ドレッシングがかかってるなにか。
DPP_4093.JPG
下の白いのは豆腐かな?忘れた。ほろほろのシャーベット状ドレッシングの印象が強すぎて。

メインは白身魚にした
DPP_4095.JPG
おいしかったけど、私も肉にしたら良かった!絶対肉のほうがうまかった。

メインに付け合わせの野菜は別盛りででてきた。
DPP_4094.JPG
3人分これ。じゃがいもは塩してあるだけなんだけど、うますぎて感動した。

デザートはハーブのシャーベット
DPP_4096.JPG
大人風味なので、好き嫌いはあるかも。さっぱりしておいしかったけど。

お茶受けのお菓子達
DPP_4097.JPG
アーモンドの焼き菓子とクリームブリュレ。
いつも思うけど、お茶と一緒にでてくるこのお菓子ってアンコールの一曲を思わせる。

昼間は窓の外の木立の向こうにイサムノグチのビック噴水が見れたりと景色堪能できる。夜はガラスに光ってよく見えないんだって。


おまけ
ウェイティングスペースもおサレ。
DPP_4086.JPG

レゾナンス@東京丸の内(2014.4) [フレンチ]

久々の友人達と優雅な感じでランチ。
前菜
DPP_1503.JPG
白いのは豆腐で、下の御出汁と混ぜて食べる。豆腐がふわとろで生クリームみたい。
最初がこれだったので、ここって和風フレンチ?と思ったけど、和風はこれだけだった。

サラダ
DPP_1504.JPG

スープ:新玉ねぎのスープ
DPP_1505.JPG
新、を使ってるだけあって驚くほど甘かった。

メイン:和牛のポワレ、マデラソース添え
DPP_1506.JPG
お肉はしっかりしていておいしいのだけど、マデラソースとやらが足りない!そこで友人がわけてくれたマスタードが実に合う。マスタードものせて!

デザート
DPP_1507.JPG
カスタードプリン、キャラメルアイス。プリンアラモード風だね。

お店は明るくてはやっていて優雅でお料理もきれいでおいしかったけど、本日の一番のご馳走は気の合う友達との会話。

シェ・トモ@銀座(2009.11) [フレンチ]

妊娠初期つわり真っ最中の時ディナーにいった。
部屋が暗くて写真がよくわからん。

パン用のリエット、オリーブ、バター
DPP_0801.JPG

生ウニの貴婦人風
DPP_0802.JPG

トリッパ?
DPP_0803.JPG

サラダ。多分したに白身魚の刺身かなんかあるんじゃん。
DPP_0804.JPG

有機野菜30種盛り合わせ
DPP_0805.JPG
シェトモといえばこれ。目にもおいしいカラフルな有機野菜の盛り合わせ。可愛らしくて楽しいんだけど、思ったほどおいしいと思えなかったのは多分つわりのせい、だと思う。

スープ
DPP_0806.JPG

子羊ロース。多分。
DPP_0807.JPG

地魚とエビのクネル 白ワインのクリームソース グラタン仕立て ポール・ボキューズ風
DPP_0808.JPG
これだよこれ。いまでもおぼえてる。たべるとそっこうもどしそうになってほぼたべれなかった。思わずひらがなになってしまうくらい、げー。濃厚なクリームソースと生臭いはんぺんみたいなやつ(当時の感想)。シェトモというと何故かこの料理が思い浮かぶ。そして当時の吐き気がよみがえる。めちゃめちゃ暴言だけど、全てつわりのせいである。健康な時だったら好きなんだと思う。でももうクネルは食べれないと思う。強烈な吐き気(つわり)がトラウマになったから。

デザートはチョコケーキとなにか。
DPP_0809.JPG
DPP_0810.JPG
この時既に早く帰りたかった。今だから言えるけど。自分が来たいと言ったのに。

ずっと行きたかったシェトモ。飾り付けはどれも宝石箱みたいにきれいだったな。なのに残念な印象なのは全て妊娠中だった私のせい。つわり中フレンチは厳禁。

ル・ブルギニオン@六本木(2010.11) [フレンチ]

3年前の誕生会は老舗フレンチのル・ブルギニオンであった。ランチ。子4カ月。出産後の初めてのまともな外出。

アミューズ:チーズのグジュールに豚のリエットを詰めたもの
DPP_0439.JPG

ブーダン・ノワールのテリーヌ仕立てりんごのサラダ添え
DPP_0440.JPG
友達が選択した豚の血の料理。私超苦手。でもこの料理よく紹介されているのでブルギニオンの得意料理なんだろう。レバー得意の友人も若干きついといっていたハードな一品。

これは確かえび。こんな形状になっていて驚いた覚えが。
DPP_0441.JPG
さくさくで中華にありそうな1品。とてもおいしかった。

魚と野菜のポワレ
DPP_0443.JPG

デザート
DPP_0445.JPG

食前酒
DPP_0446.JPG
またモモかね?

この季節に正統派フレンチにいくのはジビエ系が一切だめだときついことがあるけど、それでもすごうく満足した覚えがある。ブルギニオンは人にお薦めできる超おいしかった店としてインプットされている模様。

オゥレギューム@赤坂(2010.5) [フレンチ]

続けて、3年前の産休中赤坂時代の店にランチにいった時のものをアップしようと思う。
1900円くらいのコースだったと思う。

前菜
DPP_0435.JPG
蒸し野菜のサラダ

スープ
DPP_0436.JPG

メイン
DPP_0437.JPG
豚肉だね。これもソースが濃厚そう。(でも全く覚えていない・・)

デザート
DPP_0438.JPG
バニラアイスとプリン?

この時は久々の友達と会ったこともあり、料理や店の印象全くなし。(行ったことすら覚えていなかったくらいだから)
人気店で予約必須という感じだったのに平日のせいかすっごい空いていて寂しげだったのとデザートが好みでなかったのでがっかりした覚えだけある。
そんなぱっとしないイメージも3年経って再来して良いものにアップデイトされた!



レザントレ コウジイガラシ オゥレギューム@駒込(2013.11) [フレンチ]

今年の誕生日は野菜がおいしいフレンチ、オゥレギュームへ。
以前は赤坂にお店があった。
予約した後気がついたけど、赤坂のお店に行ったことがあった。
夫婦二人でやってるこじんまりとしたお店で、ランチ満席の札かかっていた。

アミューズ:人参の茶碗蒸し風とくるみとブルーチーズのグジュール
DPP_0464.JPG
茶碗蒸しは味がしっかりしていた。

自家製パン
DPP_0466.JPG
米粉を使ったパンだそうです。おかわり自由。

前菜:蒸し野菜のエチュべ。
DPP_0465.JPG
こちらのお店のスペシャリテらしい。
野菜は蒸したものをマリネするのではなく、マリネ液で蒸すといっていた(ような)。野菜がしゃくしゃく。3色のトマトや黒大根やねばりがある草など珍しい野菜が使ってあって大変おいしい。

魚:鱈のスープ仕立て
DPP_0467.JPG
野菜たっぷりスープはしっかりした濃いめの味で淡白な鱈とぴったり。
ルッコラの原種(苦みがある水菜のような感じ)という草がのってる。

肉:鴨と野菜たくさん。
DPP_0469.JPG

肉:大山鶏と野菜たくさん。
DPP_0468.JPG
鴨は苦手だったので私は鶏に替えてもらった。
わさびソースがおいしい。お肉はやけにぱさぱさ。胸肉なのか?
お野菜は玉ねぎ丸ごと焼きを切り分けたもの、ヤーコンとかさつまいもなど。

デザート:さつまいものプリンと紅玉林檎とすだちのパウンドケーキ。アイスはりんごの皮で色付けしたというもの。八角で味付けした柿?は大人の味で苦手。
写真撮り忘れた。

以上に食後の飲み物ついて3200円。(別途ワンドリンク注文する必要あり)
珍しいお野菜をシンプルかつおいしく食べれる。ソースなど濃いめの味付けも好き。
好みの問題だけどデザートはぱっとしない。赤坂でも同じ感想を抱いたような。

レストランタテルヨシノ芝@芝公園(2012.12) [フレンチ]

そろそろ誕生会の時期が近付いてきた。ということで去年の誕生会を振り返ってみようと思う。
場所:芝のタテルヨシノ。ランチ。芝パークホテル別館というさびれた感のあるホテルの1階にある。レストラン入り口の外に設けられている室内テラス席に案内されたら嫌。

1年前なので、写真はあるけど何を食べたかよくわからない。
もちろん全てそつなくおいしいのだけど、あまり印象に残らなかった。むしろ接客の素晴らしさが印象的。かつて経験したレストランの中ではベスト5に入る素晴らしい接客だった。隔てなく客を気持ちよく過ごさせてくれるような。

アミューズ
DPP_0336.JPG
チーズのグジェール

ドリンクで乾杯
DPP_0337.JPG
なんだろうね?もものシャンパン的なやつ。多分

アミューズ
DPP_0338.JPG
全くわからない。下に何があったのか。


きのこのポタージュ、だったと思う。
DPP_0339.JPG

甲殻類のリゾット
DPP_0340.JPG
ムール貝嫌い。

魚のポアレ
DPP_0341.JPG

鱈と野菜のガルビュール仕立て
DPP_0342.JPG

牛頬肉のワイン煮
DPP_0343.JPG

パフェかね?
DPP_0344.JPG

ビターチョコレートのタルト タヒチヴェニラのアイスクリーム添え
DPP_0345.JPG
これがすごくおいしかったことだけ覚えてる!

マカロンとカヌレ
DPP_0346.JPG

そうそう、誕生日プレート
DPP_0428.JPG
デザートの前にこのように別皿にチョコで名前が書かれたプレートがでてくる。これどうしたらいいのか。チョコをこそぎ取って食べないよね?エレガントじゃないもの。
そして歌を歌われる。いきなり歌はじまるのでやめて下さいって言えなかった。お店でのバスデーソングすごく嫌。恥ずかしい以外のなにものでもないのに嬉しそうな顔しないといけないし。
記念日で利用する率高いのか、なんとこの時他に3組は歌が歌われたのだ。雰囲気や料理が一流なのに何度もハッピーバスデーだかなんだかの歌が流れるとその一瞬庶民的な空気が流れてだんだんほっこりした気持ちになった。今度は我々の番だ、とか、あちらもね、とか、揃いも揃っていい日なのね、みたいな視線がやり取りされて親近感がわくというか。



ラ・マティエール@神楽坂(2010.6) [フレンチ]

妊婦時代、ランチで訪れて最高に感動したラ・マティエール。
確か2ヶ月前に予約した。今はそこまででもないみたいだけど、1月前には予約した方がいいようだ。

前菜、と呼ぶにはボリューミーな品々。
(スモークサーモンマリネの黒ゴマ付け焼き、野菜サラダ添え)
DPP_0238.JPG

私の前菜(海の幸のタルタルサラダ アンチョビ風味)
DPP_0239.JPG
野菜モリモリ。

魚のポワレ
DPP_0240.JPG
これなんだろう?前菜だろうか?

メインは彼が(塩漬け豚バラ肉の網焼き、白いんげん豆の煮込み添え)
DPP_0242.JPG

私は絶対これ!(黒毛和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み)
DPP_0244.JPG

デザートはブラマンジェだな。
DPP_0245.JPG
ブラマンジェも過去食べた中ではここがNO.1だった。

3年ぶりに画像みて驚いたけど、野菜がウリ?とか思うほど緑のお皿。
ここのほほ肉煮込みは絶品だった。
塩漬け豚バラ肉とか全く魅力的な素材を使ったりしてるし、何もかもすっかり気にいって今度は是非ディナーにきたいねーといっていて3年経った。いずれ実現しなければ。


フレンチ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます